普通な男がお届けする、きっと未来が変わる情報ブログ

現金貯蓄「ほぼ」やめました

(この記事を読むのに必要な時間は約6分です)

たまに…いや、しょっちゅう思うことがあります。

聞きたいのに聞けないアレの話。

みんな、貯金てどれくらいあるの?

ネットの記事なんかで目にする「貯蓄の平均金額」。

あれ見るとガックリきません?笑

皆なんでそんなにあるの…?

もしかしてお隣さんもこのくらい貯めてんの!?

なんだかウチだけすごく貧乏な気がして夜も6時間くらいしか眠れません。

 
うち、なんでお金貯まらないのかな
 
稼ぎが悪いからじゃない?
 
まぁ…それは間違いないんだけど、そうも言ってられないじゃない。いい加減、どうにかしなきゃ!
 
 (珍しい…言い返してきたわ)

真面目にコツコツだけじゃ生き残れない

なけなしの給料から毎月1万円ずつとかね。

ぼかぁそんな貯蓄人生でしたよ。 (重い…)

つまり年間貯蓄はたったの12万。

ドン亀ペースだけど、少しずつでも気長に貯めていくのが正しいんだ。

世の中にうまい儲け話なんてない。近道もない。

真面目にコツコツやってきた奴が最後は勝つんだぞ。

そしてある日、急な臨時出費が発生し、すべて消える、と。笑

コツコツは大事、手段の選択はさらに大事

このブログしかり、会社員としての給料以外の収入を作ろうと思った時に「お金の貯め方」も見直そうと思いました。

まあ、そもそも手にする給料が安いのですから、「生活費をゼロにする」とかクレイジーなことでもしない限り、劇的に貯蓄が加速する方法は無いのでしょう。

とはいえ、せめて今より少しでも条件の良い貯め方はないものか。

そこで出てきたワードが「iDeCo(イデコ)」「つみたてNISA(ニーサ)」でした。

はい、ベタですみません。

僕はアホなのであまりキチンと理解できていないのですが、簡単に説明すると、iDeCoは掛けた分だけ税金が控除されるもので、

一方、つみたてNISAは「年間40万円までの投資に対して非課税」というもの

(間違ってないよね?)

このどちらもが、銀行に預けて得られる利子よりもはるかに利幅が大きいので、現在多くの人が利用しているようです。

ただし僕は軍資金が少なかったので「始めるならどちらかひとつだけかな」という感じ。

僕の場合、生意気にもささやかなマイホームを買ったばかりで、税金については住宅ローン控除が始まったばかりでしたので、今回は楽天証券を利用して「つみたてNISA」にすることにしました。

2018年3月、つみたて開始

つみたてNISAは、「投資信託」というものになります。

「投資信託」とは、お金を預けて、そのお金を運用してもらい、出た利益の幾分かを還元してもらうというもの

つみたてNISAは年間40万円まで非課税とのことなので、12ヶ月で割ると大体、月々3万ちょっとまで積み立てられる、らしい。

ですが…すみません、僕そんなに出せません。

なんせ貯蓄月1万円の男ですから。

い、1万円じゃやる意味もないのかな…?

手数料とかたくさん取られて損して終わりだったりして…

もうビクビクです。

でもここでやめたら、再びドン亀街道まっしぐら。

ものすごく悩みつつ、なんとかやり繰りして「毎月15,000円をつみたてNISAにあてる」ことを決めました。

そして次に重要なのが、積立をするファンド選び

「ファンド」ってのは投資信託の銘柄みたいなもので、それぞれが異なった投資の方針を掲げてます。

先進国に投資するものだったり、これから伸びるであろう新興国に投資するものだったり。

アメリカに限定するものもあれば、全世界型というものもあり、とにかく種類は色々。

はてさて、どうしましょう。

まったく決め方がわからないっス。

ど素人なりに色々検討して、最終的に決めたのがこちら。

①「楽天・全世界株式インデックス・ファンド (楽天バンガード・ファンド (全世界株式))」

②「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」

もう何が正解なのか全然わかりませんでしたが、「全世界型」「先進国型」をひとつずつ選んでみたのでした。

そして毎月、①に8,000円、②に7,000円、トータルで月15,000円投資!

開始から約2年半 なんとかプラスで推移中

今月 (2020年11月)で32回目の積み立てとなります。

単純計算で、15,000円×32回=480,000円が支払ったお金。

それに対して、現在の資産合計が559,072円。

よって、+79,072円!

う、うれしい…!

超低金利の昨今、ただ銀行に預けておいて2年半でこれだけ増えることはまずありませんよね。

 
どうだい!すごいだろ!
 
一方で、銀行の残高が全然無いのがリアルね

相場は毎日増減するけど、それもまた面白い

単純な現金貯蓄ではないので、毎日相場が変わります。

(基準価額っていうらしいです)

昨今のコロナによって、世界的な不景気となった際には恐ろしいまでにドカンと下がりました。

たしかマイナス15万とかそのくらいまで下がりました。

毎日ヒヤヒヤしていましたが、なんだかんだで夏頃から再びプラスに戻り、ほっと一安心しています。

楽天ポイントも投資に使える

我が家はどっぷり楽天ユーザーです。

というわけで、楽天市場や楽天カードで貯まったポイントも、楽天証券からの投資にあてることができるみたいです。

僕の場合は月に500ポイントしか投資にはあてていないけれど、これって結構ストレスが減ってオススメですよ。

たとえば僕の場合なら、資産合計の内、500×32=16,000円分はポイント払いなわけです。

つまりマイナス16,000円まではノーダメージ。

「まあポイントだしね」と自分に言い聞かせることができます笑

とにかく早く動こう!

もうこの一言に尽きます。

もっと早くやれば良かった…!

たとえそれが不正解であっても!

失敗したらまたやり直せば良いんです。

いつまでも動かず、じっと様子をうかがっているだけでは、ただ年齢を重ねてしまうだけ。

しかも全然お金も増えてないし!

まずは動き出さないと!

現金貯蓄、ほぼやめました

というわけで、記事のタイトルがようやくここで登場となりますが、ただの現金貯蓄はほぼやめました。

ほぼというのは、一応緊急時のために5,000円ずつは貯めていますが、相変わらず増えたり減ったりしています。

貯蓄という意味では全然ダメですね。

たぶん今の世の中、お金の貯め方ってたくさんあります。

頑張って貯めていきましょう!

本日のまとめ

  • いきなり大金を得る方法は(素人には)無い
  • コツコツ貯めようというスタンスは大切
  • なるべく早く「現金貯蓄」から「資産運用」にシフトしよう
  • 現金貯蓄は最低限でいいと思います!
最新情報をチェックしよう!

お金の話あれこれの最新記事8件