普通な男がお届けする、きっと未来が変わる情報ブログ

通勤時間なんてさっさと削ろうぜ

(この記事を読むのに必要な時間は約4分です)

今年もあとちょっとで正月休み!

待ち遠しい限りですね。

ところで皆さん。

突然ですが「通勤時間」ってどれくらいですか?

30分?1時間?交通手段は車?電車?

ちなみにですけど「一年で通勤に何時間を割いているか」って考えたことありますか?

通勤時間どれくらい?

地域差などもありますが、2019年の調査で平均1時間19分です。

例えばアメリカだと「30分程度が主流」とのことなので、やはり長いです。

かくいう僕も、まだ学生の頃は実家から大学まで1時間半以上かけて通学していました。

今のようにスマホはなかったので、本を読んだり音楽を聴いたり。

まるっきり無駄とは言いませんが…それにしても長かったですね。

本一冊が数日で読み終わってしまうので、小説とか毎週のように買ってましたもん。

「片道1時間」で年間に消費する時間

仮に「通勤片道1時間」「月20日出勤」の人を例に、大まかに計算してみます。

  • 片道1時間×2(往復)×週5日=10時間/週
    • ×4週間 (1ヶ月)=40時間/月
    • ×12ヶ月 (1年)=480時間/年

年間で480時間…。

つまり1年の内、丸々20日間もの時間を通勤に費やしているということになります。

 
↑職場までチャリで15分の人
通勤だけで20日…これはちょっと勿体無いかも…
 

同様に、「片道30分」や「片道15分」でも見てみます。

  • 片道30分×2(往復)×週5日=5時間/週 
    • ×4週間 (1ヶ月)=20時間/月
    • ×12ヶ月 (1年)=240時間/年 (=丸々10日間に相当)
  • 片道15分×2(往復)×週5日=2.5時間/週
    • ×4週間 (1ヶ月)=10時間/月
    • ×12ヶ月 (1年)=120時間/年(=丸々5日間に相当)
 
↑職場まで徒歩3分の人
片道15分でも年5日か〜。通勤時間て意外と大きいね

あなたの1時間には最低でも●●●●円の価値がある

で、次の話題が「時間価値」ってやつなんですけど、要するに「あなたの1時間は時給にすると●●●●円なんですよ〜」ってやつです。

試しに、さっきの「月20日出勤」の人が「1日8時間労働」だったとして

  • 「月収20万円」だった場合
  • 「月収30万円」だった場合

で計算してみます。

  • 月収20万円なら、÷160時間 (1日8時間×20日)=1,250円/時
  • 月収30万円なら、÷160時間(1日8時間×20日)=1,875円/時

月収20万円て、新卒の子が貰う給与程度でしょ。

(まあ…僕も大して変わらんのですけど…)

それでも1時間あたり1,250円もの金銭的価値があるんですね。

(※あくまで金銭的な側面に限っての価値です)

通勤時間を時給換算

そして月収20万円の子が片道1時間の距離を通勤した場合の「時給換算したコスト」がこちら↓

  • 10時間/週→¥12,500/週
  • 40時間/月→¥50,000/月
  • 480時間/年→¥600,000/年
 
oh…なんと給料3ヶ月ですか

さらに交通費もかかっている

というわけで、時給換算したらえらい金額が発生している通勤時間。

そこにさらに、車なら「ガソリン代」、電車なら「定期代」がプラスされます。

1時間の距離ですから、ガソリン代なら月1〜2万円、定期代なら月1万円前後といったところでしょうか。

なんだかいよいよ「通勤」ってハイコストな行動であるように思えませんか?

この際、引っ越した方が正解かも

「そんな気軽に引っ越せるか!」と怒られそうですが、

車や電車で1時間かかっていた場所から、徒歩や自転車で15分程度で通える場所に引っ越した場合のメリットを想定してみてください。

引っ越しは手間もお金もかかる面倒な作業ですが、それさえ済めば

年間360時間 (30時間/月 (=時給換算で45万円相当))と現金24万円 (2万円/月)の余裕が発生します。

これってすごくないですか?

新しい生活に向けて準備しよう!

今は引っ越しもずいぶん便利になりましたね。

今の住所の郵便番号から、住みたい地域の郵便番号を入力すればおおよその見積もりが取れてしまいます。

引っ越しには平均10万円前後の費用がかかりますが、前述の通り、引っ越した先には金銭的・時間的に大きなメリットがあります。

見積もり自体は無料ですし、ぜひ一度、大まかな金額だけでも見てみると良いですよ!

また、年末年始以降は新年度に向けて引っ越しをする人が増加する傾向にあります。

せっかくお目当ての場所があっても、業者が確保できずに引っ越しが出来なかった、というケースもあるので、ぜひ早めの行動を心がけてくださいね!

最新情報をチェックしよう!

支出を減らすの最新記事8件